クレジットというものを得る前に確認すべきこととして、申込者本人がカードを所持可能な年齢であるという制限事項がございます。杓子定規にはいかないケースもやはりないわけではないが原則成年程度から年金をもらい始めるくらいまでの人間が交付対象だという一般則に着目してください。20歳未満は親権者の同意を得ることが前提条件≫何も考えなくとも間違いなく作成希望者が高校を卒業する年齢である18才未満だと判断される状況であれば残念ながらクレジットカードの所有は受け付けてくれないと理解して頂いた方が良いと考えられます。中学校卒業と時を同じくして会社員としてお金を稼いでいる苦労人の方も多いと思っておりますが車の免許というようなものと何ら変わらず設定された年頃に達しない限り保有は出来ないものだと認めて頂いた方が妥当だと言えます。18歳もしくは19歳だという例…使用希望者がもしも18歳か19歳に該当する未成年の場合には並外れて安定した収入のある企業で労働しているから年収が大変巨額であるというケースであっても父母の許可をもらうことが前提条件となってしまうので契約前に注意が必要。加えて、大学院生または専門学校通学者といった学校生の場合を考えて、在学生用カードなどと呼称されている在学生をターゲットとしたクレジットカードが発行されているからそれに該当するカードを申請することにするのが合理的です(このようなやり方でない場合申込が拒否されるなどということはこともあります)。あるいは、自分自身でクラシックカードの手続きをしなくても父もしくは母親といったご両親の方々が保持しているクラシックカードの家族カードという他のやり方で利用させて頂くことも可能であるゆえに、毎日の支出における計算が煩わしいものだと感じてしまうようであれば頼んでみるのも手であると思われます。18歳であっても高校の学生はクレカを申請できない〉ちなみに、もしも18歳の誕生日を迎えた以降の状態であるということを根拠に高校に通う生徒はクレジットを原則持つようなことは出来ない。ですが、実際的訓練といったものを身につけるために存在する特別な4年在籍する必要のある学校や卒業に5年以上かかる夜間高校(医療系専門学校など)の時では高校生でも学生用カードの申込については承認される状況が会社によってはあるから、カードが欲しいという状態であればあなたが検討しているクレカ会社の受付まで連絡してみて頂くべきだと思われます